​有機農業を諦めなかったからこそいまがある。